自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。住宅バブル崩壊が南カリフォルニアに与えた影響を調査したシリーズ記事で、カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞を受賞。

2009年8月22日

「今どきの選手はけしからん」

リトルリーグの世界選手権(Little League World Series)が、ペンシルベニア州ウィリアムスポートで開幕した。ESPNが放映権を持つこの大会は、今や夏の終わりに全米の注目を集める一大イベント。日本からは千葉市(東関東)が代表として出場している。

開幕式では、先月殿堂入りを果たしたジム・ライスが始球式を務め、選手達の前で講演を行った。そこでライスは、今どきのメジャーリーガーを見習ってはならないというアドバイスを子供たちに送り、物議を醸す。

現在のメジャーリーグ選手達は、個人の目標や巨額の契約ばかりに目が向いているというのだ。「君たちはマニー・ラミレスやA-Rod(アレックス・ロドリゲス)や(デレク)ジーターのような選手たちを目にする・・・。私が一緒にプレーしたり、対戦したりした選手達は、君たちがよく話題にするこういう連中とは、比べものにならなかった」。

薬物使用や奇抜な行動などで何かと世間を騒がせることの多いラミレスやロドリゲスと、ヤンキースのリーダーとして名高いジーターを同列に語ることには、批判の声が上がっている。

またライスは、現在殿堂入りしている元選手達は、薬物の力を借りた者に殿堂入りはしてもらいたくないと思っているはずだと言う。子供たちに自分の腕の筋肉を見せながら、「必要なステロイドはこれだけ・・・。神から授かった才能だよ」とまで言い切った。そして、記者から殿堂入りにふさわしい選手はと質問を受けると、イチローやケン・グリフィー・ジュニアの名前を挙げた。

大会に参加する11歳から13歳の子供たちが、1970年代から1980年代にかけて活躍したライスを知るはずもなく、AP通信は、居眠りやあくびをする子供もいたと報じている

「昔はダボダボのユニフォームなんてなかった。ドレッドヘアーもね。とてもクリーンなゲームだったんだ。今のメジャーリーグは、子供たちに悪影響を与えている」と話すライス。日本の高野連のようなことを言うアメリカ人がいることに驚くと同時に、「昔はよかった」は世界共通の口癖なんだと改めて認識した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿