自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2010年11月26日

アメリカのよいとこ

11月の第四木曜、つまり今日はアメリカの感謝祭。アメリカ人にとっては、親戚や家族で集まって食事会をする、大切な家族行事である。

こっちに家族がいないボクには、ちょっと寂しい日でもあるが、毎年のように友人たちが食事会に招いてくる。今年は報道部の同僚ブルックが、ボーイフレンドの実家で行われる食事会に誘ってくれた。

ブルックと彼女のボーイフレンド以外は、みんな初対面。それなのに、ボクはずかずかと家にあがりこんで、お酒や七面鳥をはじめとする感謝祭料理をたらふく食い、ソファーに座ってフットボールを観戦した。家族がみんな、違和感を感じさせることなく、ボクを受け入れてくれた。日本では考えにくい光景である。


家族のもとに帰れないともだちを、自分の家族の食事会に招待する心の温かさと、遠慮のない人間関係。少なくともボクにとっては、アメリカという国の魅力である。

明日は、朝三時からブラックフライデーの取材。凍えるような寒さに負けず、テントをはって特価商品を狙う人々に、突撃インタビューをする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3 件のコメント:

  1. ほんとそういうところ、いいよね。
    そういういいところを見習うべく我が家はいつでもオープンです。
    にも関わらず人がこねぇ(笑)

    返信削除
  2. Thanks Giving にフットボール!
    うらやましいわぁ!

    返信削除
  3. >Rio
    いつか行くんでよろしく!

    >やっきーさん
    いつでもお越しください。

    返信削除