自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2011年5月22日

米メディアの国外ニュース報道

米国では新聞業界の衰退にともない、どの新聞も経費削減に躍起になっている。その大きな犠牲となっているのが、海外支局だ。インターネットに情報がありふれている今、どこの新聞も差別化を図ろうと、ローカルな報道に人材や資金を注いでいる。

アメリカン・ジャーナリズム・レビュー誌によると、1998年以降、20社が海外から完全撤退し、去年の七月時点で海外に支局を置いている米紙は11社のみ。2003年には300人以上いた特派員も、今や契約記者を含めても234人しかいない。アメリカで4番目に発行部数の多いロサンゼルスタイムズは、2003年の23支局から13にまで減っている。

東京にオフィスを構えているのは、ニューヨークタイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、そしてワシントンポストだけというのだから、アメリカで日本の存在感が薄くなっているのも納得だ。

それに加えて、新聞やテレビでの国外ニュースの取り扱い自体も減少している。冷戦終結以後からその傾向は始まり、9/11テロで一時は増加したものの、再下降し始めている。

インターネットでグローバル化が急速に進む中、メディアのローカル化は、アメリカに根強く残る孤立主義にどう影響を及ぼすのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月16日

iPadでマルチタッチジェスチャーをオンにする方法

iPhoneならまだしも、大きな画面のiPadで、ホームボタンを使って操作するのは面倒だと感じている人は多いはず。

ボクもその一人だったが、つい最近、ホームボタンを押さずにアプリケーションを切り替えたり、ホーム画面に戻ったりする方法を知った。マルチタッチジェスチャーといって、画面を4、5本の指でつまんだり、スワイプするだけでアプリを切り替えられる。サファリのサイトを参考にしながらメールを送るようなマルチタスクにはとても便利。

操作方法
・アプリが開いた状態で、4、5本の指でピンチするとホーム画面に戻る
・4、5本の指で上下にスワイプすると、マルチタスクバーを表示
・4、5本の指で左右にスワイプすると、アプリを切り替え

最新のiOS4.3に搭載されているのだけど、なぜか標準では機能がオンにされていない。Macを持っていれば、パソコン上にXcodeというソフトをダウンロードするだけでいいが、残念ながらウィンドウズユーザーは、iPadをジェイルブレイクするか、Macユーザーに頼むしかないようだ。

今回はとりあえず、Macでマルチタッチジェスチャー機能をオンにする方法を紹介する。

1. まずはiPadのiOSが最新バージョンであることを確認する。そうでない場合はiTunesで更新する。

2. MacのApp StoreかアップルのサイトでXcodeを購入($4.99)、ダウンロードする。大きさが4GB程あるので、結構時間がかかる。

2. インストールが完了したら、iPadをつないでXcodeを起動。

3. すると次のような画面が表示されるはずなので、"Use for development"ボタンをクリック。ログインしろやら、エラーやら表示が出てもキャンセルを押す。

Courtesy of GottaBeMobile

4. 以上である。iPadの環境設定を確認すると、Multitasking Gesturesがオンになっているはず。

これに慣れてしまったら、もうホームボタンには戻れない。iPhone 4でも試してみたけれど、対応していないようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加