自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。住宅バブル崩壊が南カリフォルニアに与えた影響を調査したシリーズ記事で、カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞を受賞。

2014年12月22日

オススメのバッグ

仕事、プライベートの両方で使えるバッグを新調しました。メッセンジャーバッグで有名なTimbuk2社のCommute Laptop TSA-Friendly Messenger Bagです。


これまでは、荷物がたくさん入って体への負担が少ないということで、リュックを背負っていましたが、今回は立ってインタビューしている際に、ノートやペンなんかを取り出しやすいメッセンジャーバッグを選びました。

10年位前に買ったモデルよりも、同じサイズなのに収納力が上がっていて、仕事用の一眼レフとレンズ、それにMacBook Airが余裕で入ります。ポケットの数も充実していて、バッグ内を整理しやすいです。

そんなに飛行機に乗らないので、ラップトップを取り出さずにセキュリティーチェックポイントを通れる機能はそんなに重要ではありませんが、メインのコンパートメントを開かずにパソコンを取り出せるのは嬉しいです。スーツケースのハンドルに通すスリットも付いています。


自転車乗りが愛用するだけあって雨にも強いみたい。長く使えるオススメのバッグです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月18日

スポイルドな犬

我が家のワンちゃんが、初めて雨の中での散歩を経験しました。

海や川に連れて行っても、ビビって水に近づかないのですが、今回も予想通り尻尾が下がったまま。アパートの敷地内で限界が来て、そそくさと家に向かって猛ダッシュ。


結局、雨の降ったこの二日間は、まともに散歩になりませんでした。しかも、冬になってからは、朝はぼくと奥さんよりも遅くまで布団にくるまって寝ているレイジーさ。

雨にも寒さにも弱いどうしようもない娘です。なのにそんな姿を見て「カワイイ〜」と萌えているうちらは、更にどうしようもない親バカなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月16日

O.C.ホリデーライトアップ地図

うちの新聞が、O.C.のおすすめホリデーライトアップを紹介。まだまだクリスマスまで時間があるので、お近くにお住まいの方はぜひ見に行ってはいかが?



記事はこちらから








このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月15日

キャンディー界のティファニー


日本へのお土産を探しに、コスタメサのサウスコーストプラザに来たら、Sugarfinaというお店が目に留まった。




2012年にビバリーヒルズにオープンした大人向けのスイーツショップで、ちまたではキャンディー界のティファニーと呼ばれているらしい。ホリデー期間中だけ、サウスコーストプラザに仮店舗を出している。

キャンディー好きのオーナーカップルが世界中から選んできたという品が、オシャレな片手サイズのプラスチックケースに入れて並べてある。金平糖も置いてあった。それらを自由に組み合わせて、自分だけのBento Boxを作ることもできる。

140種類以上のキャンディーを販売しているという。

パッケージングに高級感があるので、お土産にピッタリだ。選ぶ楽しさもある。

奥さんが日本での女子会のために選んだキャンディー。

日本人向けのお土産にオススメ。日本で表参道なんかに店を出したらウケるに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイナリー

一時間半のドライブを経て、マリブの山中にあるワイナリーでピクニック。食べ物持ち込みオッケーなのがグッド。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月13日

ようやくの雨

オレンジカウンティというと海のイメージが強いが、東部にはサンタアナ山脈がそびえる。

僕の住むランチョ・サンタ・マルガリータもこの山脈の麓に位置する。山の中に入ると、都会の喧騒から逃れようという人々が集落を作って静かに暮らしている。

普段は田舎すぎてあまり注目されない地域だが、山火事や大雨といった自然災害が起こると決まって注目をあびる。

ここ数年、干ばつに悩まされる南カリフォルニアで、冬に入ってようやく雨が降るようになった。恵みの雨と言いたいところだが、山の住民にとっては諸刃の剣でもある。9月に起きた山火事で低木などが燃えて、山肌がむき出しになってしまい、土砂崩れの危険性があるのだ。

山肌の植物が燃えてしまったのが分かる。写真に写っているのが、住民にとって唯一の舗装された道路。
昨日からカリフォルニアが嵐にみまわれているため、サンタアナ山脈でも避難勧告が発令された。僕はサンタアナ山脈が担当地域の一つなので、今朝は7時前から取材に向かった。

住民が何を不安に感じているのか、避難勧告についてどう思っているのかなど生の声を聞いて、それをデスク記者に送る。避難勧告が出ている間は、そこに住んでいる住民でさえ一度エリアを出たら、戻ることは許されない。入れるのは警察や郡の関係者とメディアだけ。カメラマンと二人で雨の山道を進んで、残った住民たちにインタビューをしてきた。

警察が道を封鎖している。

右のカメラマンと一緒に、避難勧告エリアで住民に取材。

オレンジカウンティに引っ越してからの2年間で、まともに雨に濡れたのは今回が初めてかもしれない。トランクに積んであるカッパが干からびていた。

ずぶ濡れになったが、終わってみると快感なのはこういう取材だったりする。記者というと、ずっと外回りでインタビューしているという印象を持たれるが、実はオフィスから電話取材をしたり、インターネットで調べ物をしたり、記事を書いたりしている時間の方が長い。戦場カメラマンならまだしも、都会で働く記者は体がなまって仕方がない。

不安や不都合に悩まされる山の人々には失礼だが、僕にとって今回のような雨は天からの恵みである。

今日の記事はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加