自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。住宅バブル崩壊が南カリフォルニアに与えた影響を調査したシリーズ記事で、カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞を受賞。

2015年3月9日

California Gogi: 韓国料理を現代風にアレンジしたファースト・カジュアル・レストラン

カリフォルニア大学アーバイン校の側にある、California Gogiという韓国風の店で夕食をテイクアウト。
UCアーバインにはアジア人の学生が多いので、近くのショッピングセンターにもそういう層を狙った店がたくさんあります。

プルコギやチキンなどの主菜を、ご飯やタコス、サンドイッチパンなどと自由に組み合わせられます。サブウェイのシステムに近い。更には、韓国のパンチャンなど12種類の副菜から6品を選ぶことができます。日本人なら、2人でワンオーダーで十分かもしれないくらいの量。それで全部で$7-8ドルなのだから、コストパフォーマンスは抜群です。
好きな主菜と主食を組み合わせられます。

丼は二段重ねになっていて、上段には自分で選んだ6種類の副菜が。

ぼくは玄米の上に、プルコギとマリネードチキンをのせました。

アメリカでは、ロスやニューヨークといった都会に住む若者を中心に、ファースト・カジュアル・レストランが人気を博しています。ファーストカジュアルは、サーバーによるテーブルでの接客はないものの、ファーストフードに比べて新鮮な食材や、凝ったメニューを提供。マクドナルドが苦戦を強いられるなど、アメリカでは健康・グルメ志向が高まっています。

それに加え、アジア人の多い南カリフォルニアでは、アジアと西洋の料理を融合した、フュージョン料理がブーム。California Gogiは、まさにそうした流れを汲んだレストランなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿