自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2015年9月21日

高速配送サービスのAmazon Prime Nowがオレンジカウンティに!

Googleファイバーのニュースに引き続き、家庭用品や電化製品などを1、2時間で届けてくれるアマゾンのサービスが、O.C.で利用できるようになりました。

Amazon Prime Nowは、昨年12月にマンハッタンで始まったプライム会員向けのサービス。数万ものあらかじめ指定された商品を、注文を受けてから2時間以内に無料で配達してくれます。1時間以内を希望する場合は7.99ドルかかります。

今回、アーバイン、アナハイム、サンタアナ、コスタメサ、ニューポートビーチとオレンジを含むロサンゼルス都市圏でサービスが開始されました。車がないと買い物にも行けないこの地域には、まさに朗報です。

さっそく専用のアプリをダウンロードして、ZIPコードを入れてみたら、ちゃんと利用できると表示されました。残念ながら、アーバインでは1時間配送はやっていないようです。

我が家はプライム会員ではないので、実際に注文することはできません。でもテレビや映画が見放題、しかも音楽も電子書籍も無料な上に高速配達までついてくるとなれば、99ドルはあまりに安い。Apple TVやNetflixを使っていなければ、今すぐにでも契約するでしょう。

国土の広いアメリカには、日本の宅急便のような細かな流通網はありません。それをアマゾンは変えようとしているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿