自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2015年10月22日

今からでも遅くない、というより今だからこそビーチに行きましょう

オレンジカウンティといえばビーチ、ビーチといえば夏。。。

ハンティントンビーチのドッグビーチでたたずむ我が家のわんちゃん。
というのは素人の発想。実は秋こそが、オレンジカウンティの素晴らしい海を満喫できる最高の時期なんです。(うちのコラムニストもこれについて言及しています

夏休みの終わった9月以降は、ビーチから家族連れや観光客がすっといなくなります。その一方、南カリフォルニアの秋は、相変わらず晴天で暖かい天気が続く。地元の人にとっては、今こそがビーチを独り占めして楽しめる時期なのです。


サーファーや観光客の押し寄せるラグナビーチやサンクレメンテでは、夏の間は地元民はなるべく家から出ないようにしているそうです。街は人でごったかえしていて、渋滞がひどい。駐車スペースを見つけるだけで一苦労。地元民は外食すら避けます。

それが秋になると一変。人気のラグナビーチでさえ、平日の夜は落ち着いて過ごせます。デートにオススメです。涼しい朝のビーチをのんびり散歩するのもいい。こうして年中リゾート気分を味わえるからこそO.C.は人気があり、不動産もバカ高いのです。

お洒落なニューポートビーチも秋なら空いています。
結局、大衆と同じことをしていたら損します。ぼくは週末や観光シーズンに観光地に行くことほど嫌いなことはありません。混んでいて高い。他の人が休んでいる時に働いて、働いている時に休む。こっちの方が仕事で重宝される上、休みを満喫できます。

ビジネスだけじゃなくて、プライベートもブルーオーシャンを狙えってことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿