自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。住宅バブル崩壊が南カリフォルニアに与えた影響を調査したシリーズ記事で、カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞を受賞。

2016年7月14日

LINEがアメリカで流行らない理由

日本では今やおじいちゃん、おばあちゃんから子どもまで利用しているLINEが、米国時間の明日に日米同時に株式上場します。

今年最大のテック系会社のIPOということで、シリコンバレーやウォール街が注目しているようです。ただし、全世界で2億1800万ものアクティブユーザーを持つLINEも、一般米国人における知名度はほぼゼロです。未だにアジア人以外で使っている人に会った記憶がありません。

その大きな原因は、LINEのウリとも言えるスタンプがウケないから。絵文字はEmojiとして大ブレークしましたが、日本人にカワイイともてはやされるコニーやブラウンといったキャラの良さは理解されないのです。(ちなみに英語では、スタンプではなくステッカーと呼ばれます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月12日

今アメリカは近所も職場もモンスターだらけ。全米で話題のPokémon Goブーム。

日本が参院選に揺れる中、アメリカではわずか数日で社会現象を巻き起こす凄まじいスマホゲームが発売されました。

その名もPokémon Go。かつて大ヒットしたポケモンの最新作です。

グーグルのスピンオフとして始まり日本人も参加するNiantic社が開発したこのゲーム。スマホのカメラを通して現実の景色に現れるポケットモンスターを捕まえることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加