自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2016年7月12日

今アメリカは近所も職場もモンスターだらけ。全米で話題のPokémon Goブーム。

日本が参院選に揺れる中、アメリカではわずか数日で社会現象を巻き起こす凄まじいスマホゲームが発売されました。

その名もPokémon Go。かつて大ヒットしたポケモンの最新作です。

グーグルのスピンオフとして始まり日本人も参加するNiantic社が開発したこのゲーム。スマホのカメラを通して現実の景色に現れるポケットモンスターを捕まえることができます。



スマホの位置情報によって、出没するモンスターが変わり、指定スポットにいかないと他のプレーヤーと対戦することもできません。家に引きこもってやるイメージの強いビデオゲームが、逆にプレーヤーを外出させて、見知らぬ人と交流させるというギャップがアメリカ人の注目を集めています。

アップストアのダウンロード数で断トツ一位に駆け上り、更にはアクティブユーザー数でツイッターを抜く勢いです。ニューヨークのセントラルパークにプレーヤーが群がったり、町行く人が没頭したりする様子がマスメディアで取り上げられ、人気を加速させています。

物騒なことに、ポケモンプレーヤーを狙った強盗すら現れているそうです。

うちの職場でも、今日はPokémon Goの話題で持ちきり。仕事とは関係なく社内でモンスターを探す若い記者もいました。

かくいう僕も、とりあえずはとiPhoneにダウンロード。UCアーバイン近くでは、周りにプレイしている大学生がうじゃうじゃいました。ちょうど食事していたレストランの店員もやっていて、休憩時間にショッピングセンターをぐるぐると回ってモンスターを集めているそうです。

少しプレイしての印象は、シンプルで遊びやすいです。あまり複雑だとコアなゲーマーにしかウケませんが、これなら幅広い層が楽しめるのも納得。お店や観光地などにプレーヤーを呼び込めるので、ビジネスとしてもとてつもない可能性を秘めています。実際、不振だった任天堂の株は一気に上昇しました。

Pokémon Goは、日本やヨーロッパでは数日中にサービス開始予定とのこと。一時はタイム誌の表紙を飾るほどのブームを巻き起こしたポケモンが、再び世界を席巻しそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿