自己紹介

自分の写真
在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政やアジア移民に関する調査報道を担当。数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、スポーツなど幅広く取材。2012年には、住宅バブル崩壊が南カリフォルニアに与えた影響を調査したシリーズ記事で、カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞を受賞。

2016年8月16日

首都当てクイズに日本の威信をかけて参戦しました

オリンピックにちなんで、職場で週に何度かゲーム大会が開かれています。

フリースローやPK、パッティングなどで、勝者には編集局長から酒屋のギフト券がプレゼントされます。

僕も「世界の首都当てクイズ」という地味な種目に参加。

こう見えても大学受験で地理を選択していた(自称)国際派であるため、新聞社とはいえど世界情勢に疎いはずのアメリカ人には負けないとの自信で臨みました。

とはいうものの、受験からは10数年のブランクがあるので、トイレにこもって密かに直前練習。スマホで首都リストを見てみると、驚くくらい忘れているではありませんか。しかも英語名と日本語名は必ずしも発音がマッチしていない。これはやばいと焦り、とりあえず有名どころだけ必死で暗記しました。

決戦に参加したのは6人。数十人のギャラリーが見守る中、僕はすかさず勝者の選ぶ中央レーンを陣取りました。アメリカでは勉強ができるというステレオタイプでならすアジア人の参戦に、周りは臆したことでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月15日

アメリカって妊婦さんやママに優しいんです

奥さんが妊娠9ヶ月目に突入しました。

大きなお腹で階段の上り下りすら辛いというのに、車を運転して職場に通い、フルタイムで仕事をこなしています。妊娠・出産本を読むと、アメリカではそれが当たり前になっているようで、この時期の女性の苦労がひしひしと伝わってきます。

ただ、そんな中でもなんとかやっていけるのは、こっちの人が妊婦さんにとても優しいから。



このエントリーをはてなブックマークに追加