自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、文化、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2017年9月5日

ICU卒業生が小室圭さんの経歴を見たら世間と全く印象が違った件

小室圭さんと眞子さまの婚約ニュースが日本で話題になってますね。

国際基督教大学(ICU) 卒業生としては、知る人ぞ知る母校が、メジャーになりつつあることにちょっと複雑な思いもあります。

でも同じくICUの同級生と結婚した身としては、やはり嬉しいニュースです。

同時に、小室さんの経歴に関する報道やネットに出回る情報を見ていて、すごく違和感を感じました。

小室さんの大学時代の写真が「チャラい」と形容されたり、新卒で入ったメガバンクをやめたことが不審だと思われたり、収入面での不安の声など。

一方、僕ら夫婦はそういう小室さんの話を読んで、「いかにもICU生ぽいなぁ」と嬉しくなりました。

数年前に久しぶりに母校を訪れました。
ICUは偏差値では早慶上智と比較されますが、知名度ではかなり劣っています。また入試問題が独特なので、併願校としては対策がしづらい。

それでもICUに来たいという人は、単に偏差値で選ぶのではなく、英語が学びたい、国際的な仕事がしたい、リベラルな雰囲気の中で学びたいという目的意識を持っています(もちろん第一志望に落ちたからという人もいますが)。

その結果、ブランドを気にしない、周りの意見に流されない学生が多かったように思います。

だからICU生は変わり者、扱いづらいと言われることもあります。男女ともに自分の意見をはっきりいうし、あまり群れない。そのかわり、他人のことにもあまり口出しをしない。

そんな仲間に囲まれている大学生活が、自分にとっては心地よかったのを覚えています。

卒業後にアメリカに来て気がついたのは、こっちではICU生の感覚の方がスタンダードであるということ。

だからICU生は海外に行っても、難なく適応できる人が多い。日本人だけと群れずに、現地の人と友達になれる。

僕は小室さんにも眞子さまにも会ったことはありませんが、2人に関する記事を読んでいて、まさにICUらしいなと思うのです。

例えば、ICUは他大と比べて男女の距離が近い。アメリカのように、ファーストネームで呼び合うのが当たり前です。

女友達と写真を撮るのがチャラいのならば、ICU生はみんなチャラいことになってしまいます。卒業アルバムを見返すとそんな写真ばかり。学ランを着て硬派を気取る学生はいません。
大学時代に英語クラスの仲間たちとの懐かしい一枚。男女でもファーストネームで呼び合うのが普通でした。

また知り合いの卒業生を見ても、一流企業に入ったけど、他にやりたいことが見つかって1、2年でやめる人は珍しくありません。

大学院に行ったり、留学したり、自分の好きなことをさせてもらえる小さな会社に再就職したりと、社会の常識にとらわれずに好きなことをして生きている。

そんな仲間には、今でも刺激をもらっています。ICUに行ったからこそ、海外でチャレンジすることができたと思っています。

小室さんが銀行をやめて、弁護士事務所でパラリーガルをしながら大学院に通うのも、今だけを見たら、確かに給料も低くて安定もしていないかもしれない。でも5年後に小室さんが世界を股にかけて活躍する弁護士になっていたとしても全く不思議ではありません。

そんなICUらしい相手を選んだ眞子さまも卒業生として誇らしく思います。

ICU同士のカップルはうまくいくという、母校愛たっぷりのうちら夫婦のセオリーをぜひ二人にも証明してもらいたいと、まこと勝手に願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4 件のコメント:

  1. 一般的な日本国民2018年9月26日 13:03

    将来日本国の天皇になられる悠仁様の義理の兄になる人には、人から借りたお金をあれはもらったものだから返す必要はない!と言う物の考え方をする人!又、生活も安定していないのに結婚を申し込んだりする人!はふさわしくありません!

    もし、お金を受け取った時に本当に貰ったと信じていたとしても、母親が、その人と別れたら
    私だったら、あのときはありがとうございます。あのお金は母と別れたので頂くことはできません。
    私が毎月少しずつですが返します。
    と言って、毎月返していたと思います!!!

    私の娘たちが もし、小室圭さんと結婚したいと言ったら
    絶対に反対します!!!

    ICUの方たちがそんな考え方をする人たちだとは思ってはいませんが・・・

    こんなコメントをして申し訳ありません・・・
    ・・・でも、日本国民の大半の人たちは同じ想いだと思います。

    返信削除
    返信
    1. 貴方の思考を日本国民の総意にしないでくれない?
      そんなこと思ってないし、貴方の娘の話なんてなーんにも関係ないですよ。それに娘が好きになった人を信じれないってどうなの?

      自分の思想や考えを大多数に当てはまるの本当にやめた方がいいですよ。

      貴方が僕の母なら恥ずかしくてたまりません。勘弁してください

      削除
  2. 海外在住のICU卒です。日本のニュースは普段はあまりチェックしないのですが、ふとしたことから眞子さまと小室圭の婚約から今日までの報道を目にする機会があり、その報道内容、ネットコメントのえげつなさに心から辟易しました。
    小室圭の母親の借金に対する批判はまあ理解できるとしても、家系に韓国人がいるとか、本人の収入が低いとか、じとじとした島国根性まるだしの内容。ああ、ICU在学中は、こういうメンタリティーからは守られていて幸せだったな、とつくづく実感しました。
    父親が自殺してしまったという家庭環境‘で育ち、ICUに入学、卒業を果たしたというのは、ある意味、見上げたことではないでしょうか。「インター出身だから」というようなコメントもネットにあったようですが、インターだから誰でもICUに入れるというわけではないし、母子家庭でICUの高い授業料を納めるのは並大抵な苦労ではなかったろうことも、たやすく推測できます。こういったことに対するICU生の一般的な見解は、「人に言えないようなつらいことも相当あったろうけど、がんばったんだな」という程度のあっさりしたもの。そのつらいことの中身をほじくり出してアラ探ししてやろうというような低劣な志向は、マイペースなICU生には無縁のもの。
    小室圭は、逆境から這い上がってきて、眞子さまと婚約しました。銀行をやめて、あえて収入の低いパラリーガルになることを選択し、留学を果たしました。彼には打たれ強さと上昇志向ががあるのは間違いないでしょう。そんな彼を、眞子さまは数々の障害にも関わらず、今も恋い慕っているようです。見ようによっては、これこそ究極のラブストーリー。

    返信削除
    返信
    1. 逆境の這い上がり方が問題なのでは?人にたかって成り上がるのも自由かもしれませんが、少なくとも皇室にはふさわしくない。ましてやイギリス王室のように自前の資産ではなく、税金で持参金が賄われる。資産家の娘さんを鴨にして、成り上がるのはご自由にどうぞですが、いずれ天皇になられる方の義兄になるにはふさわしくないと言わて、当たり前だと思います。皇室が窮屈だと言われようが、親を選べないのは仕方ないのないこと。少なくとも他の権利を甘受しているのならば、皇室の義務も背負うべきだと私は思います。ただ噂レベルのことで人を批判する姿勢は私も良くないとは思います。しかし、母親が元彼に借金したのは事実。小室氏がそれを贈与だと突っぱねたのも事実。所属事務所の支援で留学したのも事実。留学にしても彼が眞子様と婚約してなければ、所属事務所だって支援しません。たかがパラリーガルに事務所が海外留学させる話なんて一般では絶対にありえない。どれだけ他人を利用して生きてるんだか。これがICUでは普通とおっしゃるなら、ICUの品位を疑います。少なくともアメリカの大学では本人の借金ですべて賄いますよね。今回のアメリカ留学も事務所支援や特別な奨学金で行うのではなく、ご自身の借金で留学されたのなら、ご立派だと思います。もちろん結婚後の眞子様の持参金での返済でもなく、ご自分の力で返して下さい。そういう方なら国民も喜んで祝福すると思います。

      削除