自己紹介

自分の写真

在米ジャーナリスト。オレンジ・カウンティ・レジスター紙で地域行政や調査報道を担当。アメリカで数少ない日本育ちの報道記者として、他にも現地の司法や経済、文化、スポーツなど幅広く取材。カリフォルニア新聞経営者協会の経済報道賞、オレンジカウンティ記者団協会の調査報道賞などを受賞。ジャーナリズムコンテストの審査員を務め、アメリカの大学生や高校生にライティングやジャーナリズムの指導も行う。

2017年12月9日

大谷選手の移籍が決まったエンゼルスってどんなチームなの?地元紙の記者が教えます

大谷翔平選手のロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決まりました。

ここアメリカでも、大谷選手の移籍については、これまでの日本人選手とは比べ物にならないほどの大きさでメディアに取り上げられています。

ここに出演すれば時の人とも言われる、CBSの人気報道番組「60ミニッツ」で紹介されたこともあって、スポーツ好き以外にもその存在が知られるようになりました。

エンゼル・スタジアムの最上階から見える景色。
エンゼルスはロサンゼルスと謳ってはいますが、本拠地はディズニーランドと同じくオレンジ郡アナハイム市にあります。ディズニーランドからスタジアムまでは車で10分ほどです。



そして僕の働くオレンジ・カウンティ・レジスターのオフィスはその真向かいに。デスクからはスタジアムが見えます。

オフィスの窓から見えるスタジアム
レジスターは地元紙として、明日の一面とスポーツ面で大谷選手の移籍を大々的に報じる予定です。正直、オレンジ郡の人はエンゼルスに来るとはほぼ誰も期待していなかったので、その分、衝撃は大きかった。

妻とアナハイムに来たら嬉しいねなんて話していた僕自身も、ツイッターで速報を見てビックリしました。すぐに編集長と連絡をとって、地元の日本人の反応を記事にすることに。来年はエンゼル・スタジアムに日本人のファンが増えそうです。(英語の記事はこちら

オレンジ郡の住民を含め、みんなが気になっているのは、なぜ大谷選手がエンゼルスを選んだのかということだと思います。

代理人の声明によると、市場規模、タイムゾーンやリーグではなく、自分を一番野球選手として成長させてくれる環境を選んだとのことです。

では、過去には松井秀喜選手も所属していたエンゼルスとはどういうチームなのか。

野球面では、2002年にワールドシリーズを初制覇して以来、優勝からは遠ざかっています。

現在のチームには、メジャーNo. 1と言われるマイク・トラウト外野手と、かつてはメジャー屈指の打者として君臨したアルバート・プーホルス選手が所属。野球好きにとっては守備の達人アンドレルトン・シモンズ遊撃手の鉄砲肩もたまりません(YouTubeで検索してみることをお勧めします)。

エンゼルスは郊外にあることもあってか、お隣ロサンゼルス郡にあるドジャースに比べると、ファンの気質は穏やかです。観客層はドジャースに比べると白人や女性が多いのが特徴。名前にロサンゼルスが付いてはいますが、ファンの多くはオレンジ郡に住んでいるようです。

エンゼルスを熱心に取材している新聞はレジスターくらいで、ヤンキースなどに比べると厳しい批判にさらされることも少ない。チームやファン、メディアが辛抱強いというところも、もしかしたら大谷選手の判断材料になったのかもしれません。

スタジアムの一角に作られた初優勝を記念するコーナー。レジスターの一面も飾られています。
チームカラーは赤で、グッズが可愛いのが特徴。特にファンという訳ではない僕の妻も、エンゼルスの帽子をかぶって外出しています。

明日は午後3時から大谷選手の入団会見がエンゼル・スタジアムで開かれ、僕もレジスターの番記者たちと一緒に参加します。

エンゼルスだけでなく、オレンジ郡にとっても記念すべき1日となりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿